店主のたわごと

38年前の7月の思い出

どうも気ままな店主です。

あれは、38年前の7月

小学生のイベントて 竹馬に乗ることがあった。

でも 鈍感な店主は 乗ることができなかった・・・

友人は 器用に乗っている・・・

悔しい・・・・

家に帰り 親父に 竹馬上手く乗れなかったって話したら・・・

次の日学校から帰ったら 

お手製の竹馬があるではないですか!!!!!!

これは、乗れるようにならないと いけないと 思う店主

自転車と同じで 感覚を覚えれば乗れるもんですね。

その日に 乗れる様になったの言うまでもありませんが、走ることまでマスターしたです。

あれは、楽しかったな~

竹は本物の竹 どこから手に入れたのか 

近所の建築屋に話して竹を入手して こさえてくれていたことが判明

その建築屋の親父にも 披露した店主・・・・

ジュニア 上手く乗れるようになったな!って言われた 有頂天

町内を乗り回し 有頂天!

その後 近隣の同級生も みんな竹馬で移動する様に・・・

町内の一大ムーブメントを引き起こす事態に・・・

でも 学校から 危ないから道路で闊歩するのを禁止されてしまう・・・・

おいおい バイクでなくて竹馬で移動するのが問題か?って目黒区の教育委員会に殴り込み

 

休日は、公園で竹馬イベントをその後10年続けたのでした。

懐かしい思い出

皆様もこのような思い出ってありませんか?

あれば、お教えください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です