店主のたわごと

47年前の8月4日の出来事

どうも気ままな店主です。

そうあれは、47年前の今日。

保育園児であった店主は、一人で近所を探索して遊んでいた。

夕暮れも近づき、自宅る途中にあった 日大獣医学部のグランドに差し掛かる。

そしてふと そのグランドを観いた時に、

なんで 僕は ここにいるのか? って頭の中で急に浮かんできた。

そして、いろいろ考えていたら 箱庭の中にいて 誰かほかの人が僕を動かしているのかも・・

って 神童の店主は結論を出した日。

そう 自分は他の何かに生かされているんだと

相当 いかれた三歳児だった。

自宅に戻ってその話をしたら、お袋は 「はあ~ 何を言ってるの?」

「転んで頭でもぶつけたの?」って店主の頭や体を調べだす始末。

あれから47年 今でも、そう思う事がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です