店主のたわごと

47年前の7月15日の思い出

どうも気ままな店主です。

そうあれば、47年前の今日 めずらしく 監獄保育園に行かなくてもいい日

店主は、お袋に連れられて稲取まで向かっていた。

お袋の家系は複雑で、兄弟が沢山いたけど 爺ちゃんがいろいろと活発だったようで・・・・

稲取には、お袋の実のお母さんが眠っている。

稲取で旅館のお嬢として育ったお袋は、お墓の前からふと振り返って

海をずーとみながら 微動だにしないお袋を 店主はずーと眺めていた・・・・

そして、何事もなかったように東海道線で帰路についた。

神童時代の店主では判りませんでしたが、

今はその心境がわかります。

そんな47年前の今日 お盆でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です