店主のたわごと

42年前の9月3日の出来事

どうも気ままな店主です。

そう あれは、42年前の今日 日曜日

サザエさんが始まる前に、家の呼鈴が けたたましく鳴った・・・

「こんばんわ 店主君います?」って声が

うう 誰やねん こんなゴールデンタイムに?って訝しむ店主。

玄関に行ったら 明美ちゃんと お母さんが立っていた。

どうも お父さんの転勤で大阪という地へ行くようだ。

店主は、明美ちゃんが 挨拶に来てくれたことに 大喜びして 手をたたいて はしゃいでいた。

そして、何事もなかったように 居間に戻り サザエさんを観始めた。

お袋が戻ってきて

「明美ちゃん もう 帰ってこないって」と言うではありませんか!

店主は、はだしで 玄関から 追いかけて 

手に握った 大事なマジガーZの缶バッチを 無造作に渡して 逃げかぇった・・・・

そう 大事なものを渡せば いつかは きっと 返しに来てくれるはず

そう 思って 何も言わずに 家に戻った。

あれから 42年 なんとも 懐かしい そして切ない 42年だったな~

25年前の明美ちゃんの結婚式に呼ばれば時

お見送りの際に、明美ちゃんが そっと 錆ついて 輝きを失った 缶バッチを渡してくれた。

そう あの時の缶バッチ 忘れずに持っていてくれたのだ。

今では、大阪でコテコテのおかんをしているみたいだ。

今度、大阪寄ったら 会ってみたいですね。

バナナを渡したら たぶん 「もしもし もしもし なんや バナナやないかあ~」って言われそうです。

そう あの缶バッチは、引っ越しの前の大掃除と共に 手元から去っていったんだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です