店主のたわごと

42年前の8月3日の出来事

どうも気ままな店主です。

そう あれは42年前の今日

親がとうとう家を建直すこととなり、建前を執り行った日。

棟梁と職人さんがきて 楽しく執り行われたのでした。

でも親父はけちって 地鎮祭をしなかったことが 後々判明した。

出来た家では、その後怪現象(ラップ音やその他)が起きて苦労しました。

最終的には、慣れてしまったんですが。

棟梁と仲良くなって 将来は大工にって思った店主・・・・

でも 棟梁が中学生時代に急逝されたので その道は諦めた経緯があります。

普段から他の現場で手伝させてもらってたので、家創りが楽しかったのを思い出します。

そして、令和

子息二人共 今度は建築の方へ進みたいと言い出す始末・・・・

そんな8月3日です。店主頑張らないと・・・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です