店主のたわごと

42年前の日曜日の昼下がり

どうも気ままな店主です。

あれは、そう42年前の5月下旬の日曜日・・・

いつものように庭で遊んでいたら・・・

隣の気ままな店主です。

あれは、そう42年前の5月下旬の日曜日・・・

いつものように庭で遊んでいたら・・・

隣の土建屋事務所にある 飯場跡から 奇声が・・・・

ほどなくして、けたたましいサイレン(リズムがない)が近づいてきた・・・・

スーツは時代を反映している・・その時の刑事さんのスーツは子供心に「かぇっけい!」って思ったもの

何か揉めているが・・・ おとなしくなったな

道路に近づく店主

カローラの後部座席にガタイの良い 方が押し込まれ 

またけたたましく リズムのないサイレンを轟かせて 碑文谷署へ向かっていった・・・・

どうも以前勤めていた土建屋に競馬場から酔った勢いでタクシーで乗り付け

以前住んでいた部屋(その時は社長家族の娘の部屋)に押し込んだとの顛末・・・・

42年前すでに渡世を感じるしかなかった店主でありました。

 

※当時の覆面もサイレンは、足踏みが基本で それも いい音でなく

 サイレン音で どのデカさんかってわかったそうな・・・・

 でも スーツの下から見えた携帯無線機の大きかったこと・・・

 あれじゃ バレバレだった時代ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です