店主のたわごと

24年前 仙台の電〇会社さんで

あれは、そう24年前

上司と一緒に 仙台にある電〇会社さんに行った時だった。

ご多分にもれずに、当時の会社は電力さんから無線の仕事を頂いておりました。

工務系、営業系の無線はその会社さんの標準仕様を満足する必要があった。

※これは、カタログ品でなく 専用の装置を入れてねって言うことに当たる。

当時は、それでも入札で落とせばそれなりに利益もありましたね。

一番の売りは、空中線自動切換装置(当時はまだ特許継続中)でした。

これ、仕様書に記載されたらほぼ受注です。※他社が落としてもその部分は発注が来たな・・・・

今みたいに、デジタルでなんでもできる時代でなく また電波行政の兼ね合いで湯水のごとく周波数が

割り当てられない苦肉の策として 4方向+無指向の電界強度により どの方向に切り替えるかって

単純に言えばそうなんですが、それが特許だった。

その不具合で、上司と仙台まで日帰りの旅に出たのです。

でもその日に帰ることができず・・・・

上司は、缶詰となり 当方は現地で吊るし上げにあい

現場に3日 上司は事務所に3日缶詰となった。

まあ 非はこちら側にないことが判ったけども、一度上げた手は下ろしずらかったのかな~

相当怒られたよ その後も(電力さん側の問題だったけど) 不条理!

それ以来、敵をいずこでをスローガーンに 奮闘してきたな

もう 24年も前の3月だったな~ 

上司と帰りに、利久の牛タン奢ってもらったの うれしかったな~

もう24年か~

かしこ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です