店主のたわごと

近赤外線を使用した癌治療が認可された

どうも気ままな店主です。
以前も記載したことがあり その投稿はサーバーから削除されてしまったのですが、
小林 久隆氏の開発した 光免疫療法がとうとう承認されたとの報が昨日ありました。
これの凄いところは、日本で開発をしようとしていたけど 煙たがられて 居場所がなくなり
渡米されて 苦心の末 臨床段階まだきたときに初めてしったものです。
それは実用化されたとはすごいことです。
PET検診のように癌細胞に反応する蛍光感受性物質を付加した薬剤を静脈注射した後に、
病変に非熱性赤色光を照射することで、がん細胞を消滅させる「光免疫療法」です。
この赤色光は、近赤外線です。
凄い方法です。切らずに癌を治療できるんですよね。
話がそれますが、がん細胞は、体温の35.5度で活発に増殖するが、40度以上になると死滅するそうですから
近赤外線を照射することでがん組織を熱して死滅させるということが理論上できるんだと思っております。
なので、癌になったら自ら熱を出して癌細胞を死滅させるかこの治療により対処できるようになれば凄いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です