未分類

自治会防災訓練に参加しました

自治会で回開催された防災訓練に参加しました。

救命救急の箇所では、AEDの使用方法を説明してくれた消防署の方・・・

たぶん大変だっと思います。

CPA やVFのくだりを、一般の方は理解できないと思います。

心臓マッサージも近年では、胸骨圧迫をするということで続けることが一番とありますが、

講習に行けば、こうなります。

「あっ 人が倒れている」

「大丈夫ですか?」って人形に聞く

「応答がない」耳を口に近づけて 息があるか確認する。しないで軌道確保する場合もある

そこで自発呼吸がないとなった場合には、以前なら口腔内に異物がないかを確認してから

心臓マッサージをしてとなったが・・・

そのまえに、安全な場所であるかを確認し安全であるならば開始します。

安全な場所でない場合には、安全な場所に移動して行います。

但し、容態により移動できない場合もあります。または1人では移動できない場合もあります。

できれば安全な場所に移動してから開始してください。※発生事象により変わる。

講習だと3人で一組となることが多いので

Aさんに あなたは、救急車を呼んでください。

Bさんに あなたは、AEDを探して持ってきてください。と

そして延々心肺蘇生をする。1分回に100回から120回のペースです。

これって 1秒間に2回胸骨を5cmくらい沈む勢いで押すので相当ヘビーです。

今回は人口呼吸があるので、胸骨圧迫30回に2回の人口呼吸です。

それを延々繰り返します!※人工呼吸をする場合には、気道確保してからしてくださいね

Aさんがその場で救急車を呼ぶことができたら、意識不明の人と相対して座りながら

交互に心肺蘇生を開始します。

Bさんが戻ってきました。

BさんがAEDをあけて アナウンスに従います。この間も蘇生は続けます。

AEDのパッドが出てきました。

意識不明者に指定の通りパットを貼り付けます。

機器が自動診断します。

機器がCPAやVFを検知すると、機器から離れてくださいとアナウンスされる。

機器を操作している人やその周りの人は離れてくださいと声を出して離れる。

機器が電気ショックを指示したら、ショックボタンを押す。

電気が流れて、意識不明者の体が反応する。

機器から心肺蘇生を開始してくださいとなる。

延々、また胸骨圧迫30回→人口呼吸2回を繰り返す。

機器がいいと言うまでまたは、救急隊が到着するまで続ける。

救急隊が到着するまでに意識を回復する場合もある。

救急隊が到着したら、発生認知時刻と発生状況を伝達して終了です。

※子供の場合には、パットの貼りかた及び心肺蘇生の方法が違いますので注意してください。

 

 

このため、町内会の講習ではちと物足りないと思ったですが、

やらないよりは良いと思います。

いざとなったら、あなたが主役になります。

一人でも多くの方が助かるように講習を受けた方はイメージトレーニングと機会があったら

講習に参加することをお勧めします。

 

もっと知りたい方は、以下より救急蘇生法を閲覧ください。

救急蘇生法について

または、最寄の消防署などでは定期的に救命救急講習や上級救命救急講習を開催しております。

会社などで ある一定の人数が集まる場合も、最寄の消防署にて出前の講習会を開催してくれます。

是非参加または企業での危機管理上も一度講習会に参加されることをお勧めします。

 

あと、当方の自治会ではそれなりに災害時に役立ちそうな物を購入しています。

しかし、自治会も万全ではありません。

一番は、自宅が崩壊するしないにはとらわれずに、災害を見越した備蓄をお願いいたします。

水は、1人1日2L必要と言われております。行政などは最低でも3日分を備蓄と言ってますが、

7日分の水と食料(保存食)を備蓄しておくと安心です。

4人家族だと水だけで1日8L 7日だと56Lとなります。2Lのボトルで28本分・・・

断水が続くことを考慮して、災害用トイレもお忘れなく。

マンションは断水時に使用するとえらいことになりますので注意してください。

 

さてと、食料ですが、米は大抵の家庭にあると思います。

また、ガス電気が止まりますと米を炊くにはどうするか?

時間は掛かりますが、サラダオイルとティッシュと空き缶でランタンができます。

これを複数個作って使用します、3合ならば約2時間で炊けます。辛抱が必要です。

または、レトルトご飯もあれば尚いいですね。でもお湯が・・・ってなります。

シリカゲルを使用することで、爆発的に水を沸騰させることもできます。

でも初めての方は、市販のものを使用することをお勧めします。

その名も ヒートパック 登山や災害時に瞬間的にお湯が沸きます。

保存食などのお勧めサイトは広島にある永岡商事さんです。

自衛隊にも納入しておられる業者様です。

ヒートパックとストックライス

その他の商品も一押しです!!

当方もこちらから購入していざという時用に用意してございます。

 

あとは、避難所にどうしも避難しないとならない場合にあったほうがいいのは

段ボールベット 建築家の坂茂さんが提唱して 段ボールメーカが賛同して作成され、

各地の被災地の避難所で有効性を発揮したものです。

現在では、多くの企業が商品化しておりますが 避難所は体験したことがないと

その苦労はわかりませんからね。

当方も奥尻に仕事で行き、避難所をみてショックを受けた一人です。

夏暑し、冬寒し 床は硬くて寝られない・・・

三拍子そろって 冬は間仕切りが無い空間で感染症が蔓延したのです。

この段ボールベットがあるだけで ホテルの客室に来たと思ってしまうくらいです。

無理ならば、夏プールで使うエアーマットです。

これ空気の層が床への体温が逃げるのを助け、さらには体が痛くなりません。

そこのお父さん! お風呂の洗い場にあるやつ想像しているでしょう!

そう あれと同じものでいいんです! 空気入れを忘れずにね。

あと、サージカルマスクと防塵メガネもあれば尚いいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です