災害時用 発電システム(カスタム対応)

●当店では、災害時用の発電システムをカスタムにて制作ご提供可能です。

 太陽電池と鉛蓄電池との組み合わせを基本とし、お安くご提供するため 組み立て式を採用しています。

 オプションで、風力または水力発電も併せてご提案可能です。

 ※曇天時や降雨時や夜間、太陽電池での発電ができない場合でも風が吹けば発電できます。

 ※近隣に川や用水路があり、災害の影響がないと判断された場合には小型水力発電も有効です。

  通常時は、商用電源からの給電により蓄電池を充電しますのでいざという時すぐに使用可能です。

 ※無日照での使用希望時間及び使用希望容量により仕様が変わります。

●ご要望により、直流→交流への変換を想定してのご提案も賜ります。

 この場合には、太陽電池容量確保と蓄電池の容量により大掛かりな装置となります。

 注意事項

  蓄電池は、鉛バッテリーを使用しますので メーカ推奨交換サイクル(2年)での

  交換を予め想定しておいてください。

  このため、バッテリーは自動車用バッテリーを使用します。

  業務用の鉛蓄電池でのご提案も可能ですが、高効率タイプ以外の交換サイクルはやはり2年です。

  制御弁方式高寿命タイプですと 7~9年での交換となります。(非常にお高くなります)

  ※高寿命タイプは、防災行政無線等のバックアップ電源として使用されています。

  このため、安価な自動車用バッテリーでの構築でお安くご提案いたします。

 希望仕様など

  USB充電口数や その他形状出力端子のご要望に沿ったものを制作致します。

  詳細は、納入仕様書により決定となります。