店主のたわごと

最初の会社で聞いた 本当って?思った無線の話と恐怖体験談

どうも気ままな店主です。

今日は、最初の会社での思い出を思い返しておりました。

【思い出1】

ある方から、在京のY新聞社のヘリに無線機(当時FM)を導入頂いていた。

そのときは、突然来たと

なんの話ですか?って聞き返したら・・・

Y社の報道技術から電話があって、これから会社の敷地にヘリが降りるので

至急調子が悪い無線機を検査してほしいとの連絡があったと。

でも本当にヘリが来るのかいってみんな思っていたら・・・

本当に 会社のグランドに来たそうな。

そして、何事もなかったかのように 検査後の修理を済ませて また

飛んで行ったそうな。

近隣に民家がそんなに無いとはいえ まさか ヘリで直接修理依頼にくるなんて聞いたことありません。

今ならば、絶対に無理でしょうねって会社自体ありませんから・・・・

【思い出2】

船舶に義務付けられている非常用位置指示無線標識装置(通称 イーパブ)

こちらの修理点検後の動作確認を屋上でしていた時 海保さんから電話が・・・

おたくの会社あたりから ●●●の遭難信号が出ているのを検知しました。

どうなってますか?って 

慌てて担当者が屋上に急行したら、何かの拍子に倒れて手動スイッチがON!

だったみたいです。

えらい 怒られたという逸話が会社でもその後しばらくの間 酒席で上がることに

本当に面白い会社でしたね。

【思い出3】

あれは、大型の機器が入る恒温槽でのこと。

違う事業部に予約をいれて借りたとき・・・・

店主が、中に入り いろいろ試していました。

その時点で高温から低温への試験中でした。

しかし!

庫内温度が20度から-10度まで急速に低下してきました。

異変を察知していない店主は、あまりの寒さに意識が飛んでしまい・・・

さもすれば、凍死するかと思うほどの状態です。

当時の上司が、のぞき窓から店主が倒れているのに気づき 難を逃れました。

それ以来 あのにっくき恒温槽の横を通るたびに 睨みつけていたことを思い出します。

でも本当は、後輩がモードを変更したと後で知りました。

店主は、後輩を叱ることはありませんでしたけども 上長から怒られておりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です