店主のたわごと

店主の推測(あくまで主観)

どうも気ままな店主です。

今回 世界的に猛威を振るっている コロナさんですが、

韓国や台湾の予防策が日本よりすごいと賞賛されております。

日本の対応は、中国に忖度して入国規制をしないのはなぜかって論調もございます。

なれの果ては、そのせいで日本での感染が拡がったとか言わる政府・・・・

生物化学兵器としてばら撒かれたとの推論は置いておいて 当初の流れから今までを推察します。

①WHOからの勧告や談話とは関係なく 中国からは周辺国へ危険性を発信した

 周辺国は ロシア 韓国 北朝鮮 韓国 日本 モンゴルあたり

②とくに台湾は、IT大臣のオードリタンンさんが早期に指定感染症として指定した。  

 ほかにもいろいろと施策しており、優れた対応をされている。

 韓国だって、感染者が日本よりも多いが(実際は日本も数字に出て来ない罹患者がいるやもしれません)

 迅速な対応で、映像では駅構内や市内を消毒しているんですよね。

 日本では、人が集まる場所で消毒しているって聞いてません。

③日本は、情報を知っても対岸の火事と思ったのか? それとも入国規制をすることにより

 インバウンド景気が下降することを懸念した(業者からの避難を避けたい思惑があったのでは?)

 ※現実には、入国規制しなくても 皆様周知のとおりで 各地の観光地で悲鳴が上がっています。

 ここまで、感染が拡大するとは思っていなかったのかもしれません。

④そうこうしているうちに、日本でも何かしなければとなりました。

 いずれにせよ 各地の観光業は打撃を受けて、政権に批判をするのではないか?

 仮に、入出国規制して国民を守るための措置をしたら 各業界から損失保証を言われるのでは?って

 思った節もあるのではないか?

 ※消費税増税により、景気が落ちることは想定済みであったが GDPがさらに低下を危惧したのか?

 現実的には、入出国規制しなくことも海外からの入国者はいますが数は減りました。

 コロナに感染する日本人は増えてしまいました。

⑤日本は、どこで間違ったのか?

 政府の対応は、これまで間違ってはいないと思います。機動性があるかと言えばないと思いますが

 対応が遅いといいますが、野党が政権取っていたらもっと早く対応できたのでしょうか。

 クルーズ船問題は、大黒ふ頭に接岸したから 船内が日本の法律適用になっただけ。

 船籍はイギリスなので、公海上はイギリスの法律が適用されます

 領海に入り接岸したら警察権以外は日本国内の法律適用となる。

 ならば、寄港を許可しなかったらと思う方もおられると思います。

 船内で既に発生していた 感染症に対応する必要は本当は日本にあったのでしょうか?

 日本寄港前の公海上で罹患者がいたならば、イギリスが対応するのが筋だと思います。

 ※これ以上については、詳しい情報がないのでなんとも言えません すみません。

 思惑のありなしで、政府も直面した課題に取り組んでいると思います。

 国会で、上げ足を取る野党にはへきへきします。

 だって、だからどうなるの?って 話をして解決するならいいですよ続けても・・・

 感染はすでに各地で起こってるんですよ!

 議員の皆様は、国会審議を中止してでも地元有権者のために戻り 経済的な問題は別として

 地元自治体と協力して、対応策を考え 行動したらいいじゃないですか。

 高いお給金もらって、不自由でないのに 自分の地元が大変なことになっているんですよ!

 ※小中高の一斉休業が発令されておりますが 夏休みと同じ期間が早く来たと思えばどうですか?

  極力表に出ないようにとの成約はありますが、どうでしょう。

  夏休みだって 親たちは仕事ありますよね。

  一番のネックは、

    心の準備が出来ていなかったとのと、感染のリスクがあるということが問題だったのではないかと

  確かに、店主の子息も学校休みです。

  できれば、ある自治体のように 学校で解放教室を開いたり

  大学生達が、小中高生と一緒にその解放教室で過ごすことができるようにしたらとも思います。

  でも、感染リスクは拭えないためこれも解決策にはなりません。

  今回は、人との接触(罹患しているいないに関わらず)がタブーとなれば

  法的に、外出禁止令でも出してもらうほか 無い様に思うのです。

⑥店主の主観的な推察結論

  1)日本は、中国からコロナの情報をいち早く入手していた。

    危険性は、充分に理解していたと思ってますが、危険性を認知できていなかった可能性もあり

  2)入手国規制について 以下のどちらかの思惑があり直ぐに対応できなかった

     ・景気が下振れすると業界から言われる可能性があるため躊躇した。(業界からの叱責)

     ・GDP予測を鑑み踏み込んで政府として規制できなかった。(政府としてのメンツ)

  3)日本では、陽性者拡大は限定的と政府が高をくくっていた

     ・空港では、熱が出ている方のサルベージに終始した。

     ・PCR検査を対象者全員に出来ない体制であった または出来ない理由があった。

     ・そもそも、日本で感染する方がいないと思っていた。

  4)中国以外の帰国者(ビジネス バケーション)の調査が不完全であった。

     ・中国以外の国を訪れて、罹患した方がいたこと。

  5)濃厚接触でなく、既に空気感染している認識ができなかった。

     ・はたから思うのは、エアゾルなら極論罹患者からの唾等が体内に入らないと感染しない。

      ※キスしたら別だろうけども・・・なんで?

     ・既に、ライブ会場で感染したとあるが これ上記のように飛沫感染なの?

      ※これって空気感染でないの?

     ・目からも感染すると聞いたけど・・・・

      ※飛沫は、感染者の唾等を目で受けて感染したってこと?

       眼鏡している方でも感染してますよね?

 END  3/5現在、コロナウィルスが進化しており 空気感染をするのではないか?

     こうなると 現実的には外出を抑制しか対策方法がないような気もします。

     さて、今後どのような対策が飛び出すのでしょうか。

     店主は、外出禁止となれば おまんま食い上げとなります。困ったな~  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です