未分類

再掲 後期高齢者講習の実態

どうも気ままな店主です。

あれは、現実だとは思いませんでしたが・・・・

これまでに、高齢者の方の事故が多いとなると 実際にみた光景が・・・

店主は、某県の自動車教習所に仕事でおりました。

無線教習は、いわずと知れた 教官が隣に乗らずに教習所内のコースを教官から無線で指示されて行う

教習をさします。この教習室の下にある喫煙所でタバコしていたら・・・・

お お~ ご高齢の方々がこれから教官と一緒に コース内を走るようでした。

ふむふむ 後方ヨシ 前方ヨシもなく 運転席に男性が乗車・・・・

助手席には、教官 そして後部座席に3名の高齢者が・・・・・

はい スタートって ブオオオン!って猛スピードで発進!! 思わず教官ブレーキ踏んでます。

アスファルトは、タイヤが擦れた後が・・・・

店主唖然です・・・・

それからは順調にコースを走ってますね~

おお クランクに入りました。 あれれ 脱輪です。

さらに S字クランクでは 吊るされているポールにばこばこ 車体があたります。

他の教習車とぶつからないことをなぜか祈る店主です・・・・・

つぎは、車庫入れです。

ハンドル切って バックですね・・・・ って またポールにボーンと当たる。

店主「・・・」「大丈夫なのこの講習・・・」

一通りコースを走り終了です。最終は書かれている制限速度で走るはずが・・・・

40kmを超えてますよ!!!!!

そして出発点に戻りました。

降りた 男性が 一言 「いや~乗ってる車と違うから戸惑っちゃったよ~」

教官「・・・・」「脱輪もしてましたし 他にも注意が必要な操作がありますので」って言ってます。

店主「これ更新できるの?」

そして、運転席には女性が・・・・

また 急発進 脱輪 急加速 とあらま~の状態

戻ってきたら、最初の男性と同じで 「あたしの普段乗っている車ならばね~こんなことないんだけど」

って おいおい そもそも 車に変わりないと思いますけどって

講習が終了してから 教習所の駐車場から出ていくその女性の車は・・・・

ベンツでした。教習車はマツダ アクセラだよ・・・・

ベンツの運転はどうなのってみたら 側面傷だらけでした・・・

このように、自覚がなくなっているんだと思われる先輩諸氏が多いこと・・・

高齢者の運転で事故にならにほうが 宝くじ当たるよりも確立高いとその時に思いました。

プライドなのかどうか知りませんが、車に付ける必要があるマークも付けてないか、

リヤガラスの透過がよくないのに内側から吸盤で付けていたり・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です