未分類

中学生・高校生のための 放射線副読本   うん 何だこれは?

皆様こんにちは、店主でございます。

今日朝の仕事から帰り、一人朝食をしていたらテーブルの上に

件名の冊子が2冊も置いてありました。

子息が中学生と高校生なので、タイムリーに学校で配られたようです。

発行元は、資源エネルギー庁や経済産業庁でなく 文部科学省とあります。

 

どれどれ、放射線とな何か から始まり 最後には、原子力発電所の事故と復興のあゆみ とある

なんでこの時期になんでしょうね。

政治的な意図を感じる方は多いのではないでしょうか。

現在の首相さんは、「アンダーコントロール(制御下にある)」と言ってませんでしたけっけ?

それなのに、ひとたび間違えば 危険であるかという印象を持ってもおかしくない構成でございます。

 

ある程度、科学などが好きな学生さんならばともかく あまり関心がない学生に享受されるのか?

ちと疑問を持ちます。

 

またいいことに、最後には 副読本を読んでみて 家族で考えてみよう!ってあります。

その前に もっと他のことを家族で考えるのが先のような気がしますが いかがですか?

うちらならば、彼女できたの?とか 現在起こっている事象について 意見を聴いてみたりします。

 

流石に、F1の件は国が安全であると言って信じているかと言えば 嘘ですが

不安を煽っても どうせ ローンのある自宅からは逃げることもできないし

でも子供は疎開させることも考えたけど・・・

いろいろあって 自宅での生活に基軸を置いているので いまさら 放射能と言われても

どうすることもできません。

普通に 福島応援と言う気持ちがなくても 近所のスーパーは福島産のものが多いです。

でも どうにもできません。

 

中には、放射線を測ってみよう!ってところがありますが、

一家に一台 ガイガーカウンターなんて 普通の家ならば ないでしょうよ!

あまりにも 自己中心的な記載に憤慨してます。

当家は少し普通でないので カウンターはありますが、今は誇り被ってます。

 

皆様の家庭にも中学生 高校生のご子息がおられれば 持ち帰ってくると思いますので、

一度 内容を吟味してみてください。

 

この冊子を作成する費用があるならば、動画配信するなどコストを抑えて学校で授業をすることが

一番だなと思う店主なのでした。

 

PS

そういえば、F1が爆発してから 車のフロント硝子やベランダの手摺に 黄色い粉が積もってましたね

でも 花粉かと思い そのまま 雑巾で拭きましたが

ウランだった なんて ことは????ないと思いたい・・・・・

当時東電からその筋の方には、雨が降ったら濡れないようにしてください と電話があったとかないとか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です