未分類

モバイルバッテリーの投売り開始

とうとう 店主も参戦!

この時期に、モバイルバッテリー パチものから正規品を買うことが正解なのか?

経済産業省は、時限立法であったモバイルバッテリーのPSE対応によって 

来月2/1からPSEマークのないモバイルバッテリーの販売ができなくなります。

※影では販売されている可能性もありますが、法的に罰せられるから無い可能性の方が高いです。

このため、ネットや量販店さんでPSEマークなしのモバイルバッテリーが安価に売られているそうです。

※秋葉原で16日に確認したときには、そんなに安いと言う感じはしなかったけど。

どちらにしても、PSEを取得する場合の費用は人件費や検査機関への費用 PSE適合シール添付や

筐体への印字等等 積算していけば 諭吉さんが何人いや何十人以上必要なの?ってなりますな

そもそも、輸入して→ネット販売→故障→代替品って対応も簡単にできた原価も

取得費用をグロスしたら・・・・ 商売にならないですな

要は、PSEを取得して販売するとなると ある程度金銭的余裕があるか 生き長く販売できる商材であること。

この費用対効果で、モバイルバッテリーの販売から手を引き業者や個人も多いと思います。

さて、概算費用ですが 100万を想定しておけばまず間違いはありません。

でも形や仕様が変われば それごとに取得しなおす必要がある。

さあ どうなる バッテリー!!

今ならPSEマークなしのものが購入できますよ。でも 割り切って考えてください。

PSEが付いているほうが安全だし、保証もあるし・・・

でも 現時点でも投売り状態ではないですね。

在庫はどうするんだろう まさか ね PSEマーク偽造して貼って販売とかしないだろうな。

店主は、5年前のバッテリーを現在も使用中です。

問題ありません。 PSEマークありませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です