未分類

ビルの窓が「基地局」ガラス製アンテナができたそうです

NTTドコモとガラス大手のAGCは、携帯電話bの基地局用の透明なアンテナ(空中線)を開発したそうです。

そもそもビルの上層階だと携帯繋がりにくくなりませんでしたか? 4G 以前の時は、 

そのため携帯がいろいろな基地局の電波を受けないようにするシールとか販売されてました。 

小型の基地局をビルに設置していく一環で必要になったとのこと。

そのためのアンテナなそうなんです。 昔昔 iモードが始まった頃 山形の山に仕事で登って

頂上で電話できるか試したが駄目だったんですよね。でもものは試しと、

ショートメールを送ったら送れましたよ! 結婚したてで 妻とメールで今山の上って メールしたの懐かしい・・・ 

どちらにしても、MCA方式の携帯基地局で運用しているから、基本多数の基地局の電波に繋がることは想定してませんよね。

2局くらいの基地局の電波強度をみて、強いほうに自動で接続するから、

高層ビルなんかでの携帯利用は強い基地局が複数あって 携帯君自身が「どうしたらいいの?」ってなるわけです。

これ普通の無線用にも使用できたらいいのにって思いませんか? 

耐入力電力が大きくないと推察されますので、10W なんて入力したらアンテナの線が赤くなって見えるやもしれません。

それにしても 車用のアンテナからたぶん派生した考えで出来たものと思いますから いい所に目をつけた商品と思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です