エクセルでデジタルサイネージ

【エクセルでデジタルサイネージ i-Clip Viewer

 直ぐに導入したくなる、デジタルサイネージのご紹介を致します。

 素材を用意+テキスト入力+送信ボタンを押す これだけです。

  ※導入後のランニングコストは、電気代だけです。

 導入事例 東京マルチメディア専門学校様導入事例

名 称 デジタルサイネージシステム「i-Clip Viewer」(アイクリップビューアー)
簡単!  サイネージを運用するには、以下の3つの操作のみです!

 ①専用のエクセルシート(ICV Editor マクロ付き)でコンテンツを作成する。

 ②コンテンツを「i-Clip Viewer」本体にエクセルシートから送信する

 ③モニターにコンテンツが反映されます。※瞬時にコンテンツ更新が可能です!

【配信方法

                【作成から配信までの動画】 

    こちらの動画は、こちらから⇒コンテンツ送信方法

【テキスト入力例】

【JPGを貼付】

背景画像を貼付けて テキストボックス入力した例】

必要機材

及び

接続例

 最小構成の機材は、以下の通りです。 1箇所で表示させたい場合

  ・編集用PC(Win7以上) ※Office2010以上がインストールされているもの       

    ※OSは32bit,64bitともに対応可能ですが、Officeは32bit版のみ対応しております。

     64bit版の場合には、32bit版に変更が必要になります。          

  ・「i-Clip Viewer」本体 

  ・HDMI入力があるモニター

  ・ネットワーク環境(有線LAN または 無線LAN) 

   ※無線LAN運用には、「i-Clip Viewer」本体にUSB-無線LANアダプタが必要になります。

   ※モニターは、屋内,屋外共にHDMI入力があるものが必要になります。

    モニターは、モニタースタンドへの取付運用や壁掛けなどをご選択頂くことが可能です。

    既設のモニターやプロジェクターに接続頂いての運用も可能です。

   

【機器接続例】

  モニター設置場所(「i-Clip Viewer」本体の設置箇所)に有線LANの環境がない場合には、 

  以下USBでのスタンドアローン運用や、屋外無線LANを構築しての運用をご提案します。

 ※USBでのスタンドアローン運用も可能です。 

  USBを編集用PCに挿入して、コンテンツをUSBに転送します。

  こコンテンツ転送が完了したUSBを編集用PCから「i-Clip Viewer」本体に挿すと、 

  コンテンツを運用することが可能になります。

 

【施主様支給品対応について】

 モニター等の機器を施主様に支給して頂くことでも対応させて頂きます。

 すべての機材を当店で買って頂けなければ工事対応しないと言うことは絶対致しません!

 ※液晶テレビなどは、当店からのご用意よりも量販店様のほうがお安い場合がございます。

 ※施主様工事の場合には、責任分解点を納入仕様書または契約書での明文化で明確にいたします。

出来る機能  主な機能 

 ・スケジュール機能   

   スケジュールを選択しない場合にはコンテンツは通期表示で登録されます。

    スケジュール機能を有効にする場合には、エクセルシートの使い方にある 

   スケジュール機能選択が必修となります。

   表示する期間または、曜日を指定可能です。(期間と曜日は、同時に選択できません。)

   表示する時間を設定できます。期間または曜日との論理和設定が可能です。 

 ・スライドショー機能  

   表示示するコンテンツが1枚以上ある場合には、コンテンツを順番に表示する

   スライド機能が設定できます。

   スライドする際の表示間隔は、エクセルシートの【使い方、設定】にある表示間隔で

   設定された秒数(5秒)がデフォルトです。

   コンテンツ毎(シート毎)に、表示間隔を長く表示することも可能です。

   ※動画は再生時間に委ねられます。

 ・テロップ表示機能

   コンテンツの上または下側に、テロップを流すことが出来る機能です。

   ※テロップ機能を有効にすると、CPUの使用率があがりサイネージの動作が

    遅くなることがあります。 

 ・動画再生機能

   動画ファイルを用意して頂ければ、静止画と動画のコンテンが併用運用出来る機能です。

   動画再生時間はスライドショー機能の表示間隔には委ねられません。 

   WVM,MP4,AVI形式に対応

 ・フレーム動画機能(動画ワイプ機能)

   静止画を背景に、動画を指定した場所へ表示させることが出来る機能です。

   ※この機能を使用する場合には、静止画とセットでの運用が必要です。

 ・BGM機能

   静止画を表示しながら、BGMを流すことが可能です。 

   MP3ファイルでもMP4動画ファイルでも対応します。

   BGMが終了するまで、静止画が表示されます。 

 ・時計表示機能

   モニターに時計表示を行うことができます。左上 右上 左下 右下を選択可能です。

    i-clip Viewer本体がWWWへ接続できる場合には、時刻校正の必要は要りません。

 ・WEBサイト表示機能

    i-clip ViewerがWWWへアクセスが可能な場合に限り、指定したサイトを指定した時間間隔で

   表示更新します。

 ・RSSリーダー機能

   テロップ表示部を指定したRSSアドレスの情報を取得表示することが出来る機能です。

   i-clip ViewerがWWWへアクセスが必要になります。 情報取得間隔を設定可能です。

   ※リーダー機能を有効にすると、CPUの使用率が上がりサイネージの動作が

    遅くなることがあります。

 ・確認ビュー機能

   作成したコンテンツを i-clip Viewerへ配信した際に、

   どのような構成になっているかを確認できる機能です。

   確認ビューからは、登録されたコンテンツを削除する機能もあります。

 ・カウントダウン/アップ機能 

   無災害記録などの掲示にご利用が可能です。

   指定期日を基準にカウントダウン/アップが可能です。

   1画面に複数のカウント表示が可能です。

   テンプレートのカスタマイズに対応いたしますのでご相談ください。

   イベントなどのカウントダウンなどにもご利用可能です。 

 ・チャンネル機能

   上記機能のほか、ダイレクトにコンテンツを選択することができる機能です。

   催しものなので、訴求したい内容をダイレクトにて表示して説明したい場合などに

   有効にご利用頂ける機能です。

   解除後、登録されているコンテンツに戻すことが可能です。

 ・CSVファイルと連携機能(カスタマイズ対応機能)

   生産現場の生産鷹や歩留まりなどをすでにCSVファイルで取得できる場合など

   カスタマイズしたテンプレートに随時更新をすることが可能になります。

  本商品は、コンテンツをユーザー様で作成・変更・運用できます。

お勧め業態 ・ホテルや院内の自主放送装置に接続してコンテンツを配信したいがいいものがなかったお客様

・とにかく簡単にデジタルサイネージを実現したいお客様 

 コンテンツ作成をお客様ご自身で対応したいとお思いのお客様

CSVファイルと連携して、随時情報更新をしたいお客様

・無災害記録表示以外にも情報発信をしたいお客様

・編集用の編集用アプリは専任者がいない時などに、

 更新するのが大変なんですというお客様誰でも簡単に作成できます!

導入事例 導入先一例   

 ・都内某私立高校様          

   卒業記念に掲示板を電子化する事業においてご導入

 ・中国地方某バス会社様       

   バス案内所での情報発信する事業のためご導入  

 ・豊洲市場内青果部門某会社様   

   売場価格表などの手書き看板から電子看板化のためご導入 

 ・都内某情報関連専門学校様    

   掲示板を電子化するためご導入 

付帯業務 付帯業務 ・新設、更新ともに工事を伴う場合でも安心してご依頼ください。

  壁面取付や天井吊取付などにも対応いたします。 

 ・効率的な運用方法の助言なども対応いたします。

お問合せ

デモ要請

以下担当までお気軽にお申し付けください

お問合せフォームはこちらから

迅速に対応させて頂きます。

担当 石倉 携帯 080-9584-1261