誰でも簡単にエクセルでデジタルサイネージ

運用は以下のようにとても簡単です!!

      

【一連の流れ】

 ご用意頂く必要があるものは以下の通りです。

 1.お客様のパソコン(そのまま御利用頂けます)

   ※マイクロソフトのエクセルが必要(32bit 64bitいずれにも対応)

 2.コンテンツの素材集め(画像データや動画ファイル)

 3.エクセルを操作することの熱意! サンプルを基にコンテンツ作成

 4.モニター(HDMI入力のあるもの)※液晶テレビやPCモニター等 プロジェクターも可

 5.i-Clip Viewer本体

  ※導入後のランニングコストは、電気代だけです。

 導入事例集はこちらから → 当店デジタルサイネージ導入事例集

 当店ご紹介チラシはこちらから → エクセルでサイネージ機能説明チラシ

 当店推奨のシステムは、以下のようなご用途にお勧めです。

 ●ウェルカムボードの他にもコンテンツを配信したい。

 ●無災害記録表をデジタル化したい。

 ●会議室などの施設予定表を紙ベースからデジタル化したい。 

 ●社内掲示板をデジタル化したい。 

 ●せっかくサイネージをデジタル化するから動画も併用したい。

 ●CSVファイル連携によりグラフ表示や形式表示を検討したい。 

 ●温湿度状況をサイネージと同時表示したい。

 ●緊急地震速報時に通常コンテンツ表示から自動切換えで対応したい。(オプション対応)

 ●スライドショー時に、特定のコンテンツ(説明動画に切替等)を流したい(オプション対応)

 

【配信までの流れ】

  最初に表示するためのモニター解像度を設定します。

  2Kの場合には、以下の画像にある【使い方・設定】シートにあるガイド枠設定を1920×1080に

 

  次は、コンテンツを作成します! 

  エクセルのシートに表を作り塗りつぶしをセルごとに設定します。

  ※ベースのフォーマットを利用してコンテンツ作成が楽になります。

   この状態で、テキストを入力してあげます。

   コンテンツ作成は、エクセル操作で表や画像貼付けなどの操作でで完結します。

   エクセルの機能を普通に使える方なら、導入後直ぐに問題なく運用して頂けます。

   テロップ表示や動画ファイルの再生なども可能なものとなっています。

   無災害記録表等の独自フォーマットも作成可能(カウントアップ)

   イベントまでのカウントダウンやカウントアップ等も簡単に実現できます。

   ICV本体の時計を利用して、モニター画面の上下の右または左側に時計表示をすることも可能                  ※ICVがタイムサーバーに接続できれば時刻自動更新で時計表示時間が正確になります。

   配信された内容(静止画)を確認ビューから確認することが可能です。

   簡単に作成・配信できるデジタルサイネージチラシはこちらから

 【お問合せ】
   担当 石倉 携帯 080-9584-1261