店主のたわごと

ウィルスへの界面活性剤の有用性

どうも気ままな店主です。

SARSやMARSのタンパク質部分を界面活性剤で分解して細胞を割って ウィルスを死滅させる方法は以前から話題になっていた。

Learning at the Benchはサーモフィッシャーサイエンティフィックさんの

以下ブログをご覧ください。

https://www.thermofisher.com/blog/learning-at-the-bench/protein-basic1/

感染情報センターの以下のページには、界面活性材は不適格とあるけども

http://idsc.nih.go.jp/disease/sars/desinfect04a.html

 

でも国立感染研は、効果があると記載がある

http://www.med.oita-u.ac.jp/infectnet/SARS/SARS_report_00567.html

 

どちらにしても城島さんも界面活性剤を使用した方法をユーチューブで紹介しているらしい・・・

上記の記事をみたのか??それとも入れ知恵か?

油脂成分は界面活性剤で簡単に分解されるから タンパク質成分の膜で覆われた

ウィルスは一たまりもなく外側が破壊されてしまうのですね。

巷の除菌剤スプレーにも成分に界面活性剤が入ってますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です