店主のたわごと

アフターコロナ後の経済は良くはならないかも

どうも気ままな店主です。

店主もリーマン時代 ほとんど 会社に行かずに 地方へ出ては会社の人間に避難を受けておりました。

しまいには、定期代もなくなり 旅費のみとなりました。これは至極まともなことです。

この時、店主は偉い方に 

そもそも会社に来る人間を減らして営業は直行直帰で仕事できるでしょう?

技術や工場などは輪番でもしかたないにしてと言いましたが。

その時世では、はあ~って言われてしまいました。

さらに、会議をする必要性が判らないです。とも・・・・

会議で先進的な結果が出てますか?

会議で結果が出ないで、次回の議題が今回の議題の結果をどうしたらいいかとか・・・

レジメで予めメールでもしてくれれば、それについてのディスカッションで済むのにとも

会議なんて する意味がないとは思いませんけども

現状コロナで在宅でもWEB会議できるし、会議時間は短くなるし

いいことばかりではないですか。

リーマン諸氏は不安であるかもしれませんが、以外と在宅や直行直帰でも仕事ができますよ。

それを今回プチ体験できただけでもいいのではないでしょうか。

働き方に固定の概念で縛る時代ではないことが証明されたとも言っていいのです。

在宅推奨が増えれば、営業系のオフィスは無用となります。

そうなれば、その賃貸物件に穴が開いてしまいます。

鉄道事業者も、通勤客の減少による収益悪化も起こるでしょう。

オフィス関連ビジネスにも転換が迫られています。

いずれにしても、リーマンでもフリーランスのような働き方が今後目立ちようになるんでしょうね。

背広を販売している会社も困りますね。

かたや、工場などリーマンを必要とする職種はまだ残るものと推察されます。

ビジネスをする場合に、どのレイヤーで影響があるか そして新たなレイヤーの需要を取り込めるか。

これにより、今後の経済活動が変化してしまうのでしょうか?

いずれにしても 古参の社員さんや管理職さんたちは在宅に理解を示す人なんていないでしょう。

自分たちのポジションが下手したらなくなるわけですから・・・

在宅ならば、部下をまとめるのはAIが自動的に評価すればいい様になる時代が到来します。

なばかり管理職の撲滅には店主も賛成です。

ま できる方ならリーマン卒業して、自分で活路を見出す方々多いでしょうから心配しませんけども・・・

前職でお世話になった会社も在宅に舵切ったようですから

今後 名ばかり管理職の撲滅に邁進してほしですね。

管理職=すごく仕事ができる人 

 この公式は10%も該当しませんよね。

凄く仕事ができる人=会社に貢献できる人 

 これも30%くらいしかいないでしょう。

上記で該当する人は運がいいだけの人と実力のある人と言う意味合いです。

年間2000万の売上の人と 1億の人を天秤にかけたら 売上だけなら1億の人に目線が行きますが

純益が同じ1000万なら、2000万の売上がある人のほうが褒められてしかりかと思います。

でも1億の人のほうが出来るって錯覚しているリーマン諸氏が多いですね。

数字数字と言う前に、運だけでは解決しない何かがあることを悟るべきです。

そうそう、富士通さんは今後3年で国内オフィスを半減するとのことです。

大手がこれですから、いよいよ ホワイトカラーの諸氏はAIに駆逐されないように精進するのみです。

ブルーカラーの諸氏は、今後効率的な改革があってもモノづくりとして繁栄するにはなくてはなりません。

本当にBack to the Futureで描かれていたようなことが現実化してしまうのでしょうか?

その時代は、過去になって 初めて判る から

その時代は、未来を予見して 革新的だった って時代になるのかもしれません。

本当に経済活動の領域がいい意味破壊されていき 技術革新に拍車がかかるんだと思います。

それを求めて 精進します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です