店主のたわごと

まさかの談合坂・・・・

どうも気ままな店主です。

なんとも広島でまたお金にまつわる情報が飛び込んできました。
そう 中央高速のSAの名前にもある 談合坂
広島の小中学校で導入されるパソコンを14社でよしよししていたという物
2013年からだというので、もう7年
その中には、店主が嫌いな1社も入っていたんですよね
リーマン時代にくそみそ言われて 高飛車な会社だったからね
これで、指名停止が半年とかだったら 「はあ~!」って言ってやりたいもんですわ

でも 談合がなぜ起きるか?
それは、発注者側は安く買いたいとなる=身銭を切って札を入れる=談合する
となる
利益が薄いものに対しても、入札をしなければ 次から指名されませんしね
入札辞退もできないでお付き合いする業者もいることでしょうから

ならば、発注者は大手量販店やAmazonで購入すればいいのではないか?って思いませんか?
官庁のシステム上それはできないんですよ 金額が大きいから
仮に、制度上も入札しなくていいとなれば 思う存分 量販店から買ったほうがWIN WINです
発注価格により、入札にならない場合を除いて 入札という制度がある
一般の方なら、外壁塗装するのに相見積もりをするってことありますよね
それと同じです。

今回は、不運なのかいい機会なのかは 別として 入札っていうシステムもどうなのかって思いますね
入札の実績は、評価点として次年度以降のランクに反映されていくから仕方なく 札入れしたり
上手く 廻していたのでしょう

リーマン時代を思い起こせば 他社仕様を間違って落とした営業がいたのを思い出します。
そのせいで、指名停止をくらったことは 等の営業は気にもしないやつでしたけどもね
他の部局へも入札できないため 業績に影響したことは言うまでもありません

公取さんは、どうするんでしょうかね
罰金の査定を心待にしましょう 2年くらいかかるかもね 期間が長いから・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です