店主のたわごと

そうあれは 47年前の7月3日のこと

どうも気ままな店主です。

過去を振り返る 思いでを久しぶりに記載します。

そうあれは、47年前の7月3日 大舞台!

それは、現存する保育園でイベント前日での出来事

翌日に控えた 七夕のお遊戯の最終確認練習をしていた・・・・

その年入園した園児が きらきら~光る~お空の星よ♪って歌っている外側で

円陣を囲むように 園児たちが 笹の枝をもって ひらひら踊るという嗜好・・ 

店主は なんで親に観てもらうお遊戯をこんな変な踊りでするのかって

不満たらたらで 練習していた・・・・ それは突然に来た!!!!

担任がこちらを睨んでいるのが判る店主・・・・

目を離して、10秒後 どうも担任から鉄拳をくらい 

目の前にきらきら光る星が見えたのは一瞬・・・ なんでおれだけ星が見えるの!って叫んだとか

気を失い 気づいたら、椅子に座っていた・・・・

鉄拳⇒脳震盪⇒とりあえず椅子に座らせて壁にもたれかけて放置されたようだ

現在では絶対に出来ないようなパフォーマンスを担任はやってのける時代だった・・・

店主も何事もなく 担任に謝り(仕方ない)当日を迎えることになった。

そこでも店主は、破天荒な行動に出たのであった。

ここに記載すると まだ故人でない元担任の名誉に関わるのでご想像にお任せ致します!

親たちは拍手喝采であったことを記しておきます。