未分類

これはすごい! わずかな凹凸で変色するゴム材料開発 東京理科大

出展 2018/11/22 日経産業新聞 先端技術欄より

東京理科大で物体に貼り付けるとわずかな凹凸に反応して変色するゴム材料を開発。

これはおもしろい。 某テレビのマネではありません。

店主が考えるに、名画などが油絵で描かれているが その凹凸を取り込んで トレースすることで

現在だと4Kカメラなどで撮影して、印刷して 観賞用に販売しているが

絵画の凹凸を再現することなどにも応用できるのではないか?

大学では ゴム材料を手首に巻きつけて脈拍を調べるセンサーや、ベットに敷いて床ずれセンサーとするなど

期待が膨らむ商材に利用できそうです。

凹凸の差がどれくらいまで検出できるのか 聞いてみたいですね。

泥棒に入られたときに、足紋とるけど、 これなら敷いてみて凹凸を確認するだけで

進入経路がわかるとか・・・

 

どなたか これ使えると思うかた他にいませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です