未分類

これからの介護施設は大丈夫なのか?

■これからの介護施設に求められるもの

1.介護職員の確保

2.業務の効率化(何をもって効率化と言うのかですが)

3.職員の離職問題

4.多床室から個室へのシフト

5.玉がそろわない(老人が施設周辺からいなくなる)

とうとう数え上げたらきりがないですね。

 

・2025年に現在の施設数が減ずに、維持か増えていた場合に予想できること。

34万人という途方もない数の職員不足が発生する。

ここで2.の業務の効率化で出てくるのがロボット機器の導入促進である。

高くて、使い勝手が悪いので結局 パワースーツ等高くて重いものは見向きもされない現実

そして、理想と現実(重労働や下の世話などに幻滅)が違うことによる離職・・・

これを止めることは出来ないですね。

そこで、近頃は海外からの実習生制度により外人を迎えるというが・・・

まだ早いという施設とすでに受け入れを決めた施設と意見は二判しています。

受け入れることができる人数は、常勤職員の5%でしたが今後10%までOKなそうです。

仮に30人の常勤職員がいた場合 1.5人から3人までとなります。

え少ないって そういう規則なんです。100人常勤していても10%で10人しか受け入れられません。

だから、安部政権は国会で外国人労働者の受入拡大を唄ってますが・・・

介護現場でも日本語検定 N4くらいないと国家試験の問題すら理解できないですよね。

さてどうするのか・・・

介護経験3年で、やっと介護福祉士の資格取得してもですよ、給料がそれなりでは離職しますよ。

夜勤があっても、同じ夜間にトラック長距離運転したほうが手取りは多いですからね。

少数の人員で夜勤して人命預かって問題起こすよりも、トラック運転して荷受業務 どちらがいいか?

そして極めつけは、入所希望の老人が居なくなる。

以前も書きましたが、都市部のように人口があればいいですが

現在の地方は、部落から老人が居なくなると 次の老人が居なくなるのです。

 

・多床室→個室政策に対して、施設側の対応はまちまちなのはなんでか?

施設は職員数に応じたベット数しか稼動できない。これは病院などと一緒

職員が居なければ、稼動しないベット数が出てくる。利益が減る

多床室よりも個室のほうが利用料金が高いのがほとんど。

でも、個室のみの施設ならばいいが 多床室を改修までして対応する施設は稀である。

そして、回復させて在宅へという国の指針があるので さらに施設を改修してまでと言う経営者は多い

何がいけないのか そう 国の施策がころころ変わるのだ

考えてみてください。30年前にこんなこと考えることありましたか?

なかったですよ。

大抵ご老人は施設に行く前に 自宅や病院でお亡くなりになってましたからね。

生涯寿命が延びたことによる一種の事象ですね。もちろん健康寿命も延びたかたもおられます。

要は、収入が見込めない地区へは今後進出することはない→施設は作らない。

また、収入がなくなる施設は自然淘汰される運命となりそうです。→施設を改修しない。

夢も希望もなくなりますね。こんなことばっかり聞いていたら。

 

・ICTの導入をした施設は、効率上がったの?

現代は、情報戦争といわれるくらい パソコンだ スマホだ タブレットだと情報機器があふれている

これまで、手書きで書かれていた介護記録などもタブレットに置き換えて効率化したという施設が多い

作業をする趣旨は一緒であるが記述方法が紙から電子機器へとなっただけ。

要は、手書きのスピードよりもパソコンならばブラインドタッチできたほうが早いのです。

ネットワークで接続されて、介護点数を計算するのも連携できる点は効率化ですね。

無→有にすると、必ず現場や経営者からの反対がある施設もあります。

でも、現在現場で働く方の半分以上は情報機器になれた方が多いので この種の機器導入は

昔よりも容易に進めることができるようになってきた印象があります。

2018年現在

都市部の施設は8割がた情報機器導入がされております。

地方の施設は、5割くらいでしょうか。(もっと割合が高いかもしれませんが)

情報機器販売会社は、各社各様の仕様で同じシステムでないから、

仮に職員が転職した先の施設の情報機器操作手順を覚えることが煩わしいと思うのではないか?

なんで業界標準仕様で作ることをしないのか?

それは、情報機器販売(製造もしている会社もある)は利益を出すためのテクニックなんです。

※介護点数を計算するなどの部分(操作側は見えない部分)は同じですが、

その他の機能は、ユーザーに併せてカスタマイズという企業が多いですね。

 

・介護施設の今後はどうなるのか 店主の予想

たぶん、介護施設は淘汰されてしまい 自宅で見取りをすることになるような気がします。

要は、昔に戻るだけです。※画期的な薬が発明されて病気にならないことも夢ではない。

施設は決して悪い場所ではないと当方も思います。

でも仕事で伺うと、いろいろな意味で大変(入居者 職員 経営者それぞれで)であることは、

これでもかって程わかります。

施設があってもなくても 生涯寿命=健康寿命にする施策を国は早急に進めるべきです。

さすれば、98歳でもいきいきとして 往生できる日がきっとくると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です