店主のたわごと

うつ病は病ではなく病気だったって!!!

どうも気ままな店主です。

なんと うつ病は病気で発症するものであるとのことが判明したとのこと。

これは何とも凄い発見です。

どれどれ 人型ヘルペス6型に罹患している場合で極度のストレスを発症したら

ウィルスが宿主の危機と判断して、唾液に含まれて他の宿主を探し始める。

そして、唾液から血液中をめぐって脳内に到達すると・・・・

初めてうつ状態を発生する(脳内細胞でうつ病に起因する部分を死滅させる)とのこと。

ストレスも一因であるが、まずは人型ヘルペス6型に罹患していることが前提とのこと。

でも大抵は、母子感染でほぼほぼ日本人の100%で人型ヘルペスには罹患しているそうです。

ヘルペスは、突発性発心を幼少期に起こしますがほとんどが経験してますよね。

ただし、うつ病のファクターとしての原因菌はヘルペス6型だそうです。

この菌は、先ほど記載した口腔内に存在する(罹患している人は)段階で

宿主の人間の危険を察知して、生き残るためにいろいろ手を尽くす中で血中に拡がり

脳に到達することで発症するそうです。

慈恵医大の近藤 一博先生曰く ストレス度検査(血液検査でできるそうです)とヘルペス6型の有無検査

これをすることで、自分はうつ病を発症するファクターを持ち合わせているかを確認できるそうです。

仮に、キャリアであると判明したら過度なストレスを発症しないように努めると共に、

キャリアである場合には、今後治療薬が開発されることにより治すことができるそうです。

店主も2回経験したうつは、これが原因だったのか?

保険適用となれば(多分なるかと)、精神科でなくとも通常の町医者で処方箋もらって完治できる。

そんな時代がもうそこにあるようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です